· 

親知らず抜いたほうがいい?

みなさんこんにちはグレイスデンタルクリニック 院長の目黒です。

 

この度、グレイス公式LINEアカウントを開設しました。

当院での取り組みや歯科情報を発信していきます。

 

ご来院のみなさまに当院をもっと身近に感じて頂くためにまずは自己紹介させていただきます。

 

私は岡山市出身でグレイスデンタルクリニックの院長に就任して2年目になります。歯科医師としては15年目になります。まず研修医として香川大学病院口腔外科から診療がスタートしました。親知らずの抜歯はもちろんのこと、口腔癌治療、顎骨骨折、のう胞等の良性疾患など様々な口の中外の疾患を5年間の大学病院勤務で経験しました。

大学からの関連病院(かがわ総合リハビリテーション病院)出向で3年間の障害者歯科診療専門病院で身体障害、発達障害の方の診療にあたりました。障害を持ったかたの予防歯科から全身麻酔や鎮静下での虫歯治療まで2次医療機関ならではの診療でした。

そこからご縁があり滋賀県の琵琶湖大橋病院で歯科口腔外科医長に就任しました。6年の診療の中では高齢者や有病者の患者さんが多かったので義歯治療や口腔ケアを非常に多く経験しました。また口腔外科を組み合わせた審美セラミック治療やインプラント治療から訪問歯科に至るまで幅広く診療しておりました。

 

そしてこれまで得た知識・経験を生まれ育った地域に還元したいとの思いがあり2019年4月よりグレイスデンタルクリニック院長に就任しました。

 

ざっくり書くとこのような歯科医師人生を歩んできました。

 

今回のお話はその中でも特に得意としている「親知らず外来」についてです。

親知らずって抜いたほうがいいの?

お悩みの方も多いかと思います。

親知らずは、痛くなればその時に抜歯すれば良いと考えがちですが、実はそうではありません。親知らずを放置することで、様々なトラブルやリスクもあります。お勧めするのは、斜めに傾いて生えている親知らずの抜歯です。当院では、そのような親知らずのトラブルを未然に防止する「予防的」な親知らずの抜歯を推奨してりおります。もちろん、まっすぐ生えてきちんとメンテナンスできる親知らずは抜歯の必要はありません。違う奥歯を失った際に親知らずをブリッジの土台や移植に使えるなどのメリットもあります。 

 

抜歯が必要な際はCT撮影により、神経との位置関係を確認し抜歯についてのカウンセリングを行った上で抜歯を行うかどうかを決定していただきます。


誰が抜歯をするの?

大学病院および香川大学病院歯科口腔外科・琵琶湖大橋病院歯科口腔外科で通算10年・通算2000本以上の親知らず抜歯経験を積んだ 

(公)日本口腔外科学会認定医 院長 目黒が行います。

予約した日に抜歯できるの?

初診の方でも予約を取っていただければ、ほとんどのケースは当日抜歯可能です。まれにCT検査を行いリスクが高いと判断された場合は大学病院をご紹介させていただくケースもあります。

 

お口の未来の健康管理

虫歯や歯周病など腫れや痛みが出てからの抜歯ではなく 症状がないうちにお口の環境を整える親知らず抜歯がお勧めです。 来院者のみなさまの未来が健康でありますようお手伝いさせて頂きます。

 

グレイスデンタルクリニック 院長 目黒敬一郎