· 

金属を使わないかぶせもの「メタルフリー」

グレイスデンタルクリニックの院長目黒です。

新型コロナウイルスもワクチン接種開始により少しずつですが対策に光が見え始めています。また緊急事態宣言も解除の方向で明るいニュースが増えてきました。当院でも日ごろの手洗いの回数を増やし感染対策に努めています。

 

温かくなりこれからは外出の機会も増えるのではないでしょうか。マスクをしなければならない場面はまだまだあり、目立たないうちにお口の中の環境改善をするチャンスですね。

 

さて、今回はメタルフリーについてです。

 

メタルフリー = 詰め物やかぶせに金属を使わない治療です。

日本で歯の治療を保険で行うと様々な金属を口の中に入れることになります。

保険適応ということで比較的安価に治療できる半面金属を使うことで起こる問題点はさまざまあります。

まず金属自体が歯や接着剤よりも硬く、下に敷いてある接着剤が壊れやすい性質があります。長期間使用することで、境目の部分にできたすき間から細菌が入って虫歯の再発する可能性が高くなります。また、金属は口の中で帯電し、熱や酸などの色々な刺激によって少しずつ溶けてしまいます。歯や歯茎が黒ずんでしまうのはこれが原因でアレルギーのリスクもあります。

金属を使わない治療法として

歯と同じ硬さをもったセラミック治療をお勧めしています。

 

セラミック治療は保険外診療となります。一生使う体に良いものを選んでいきましょう。

 

また保険外の費用が難しい方には歯が残っている条件によっては強度や汚れのつきにくさは劣りますがクラウン(かぶせもの)に限りハイブリッドセラミック(セラミックとプラスチックの混ぜ物)の適応になるケースがありますのでお問い合わせください。

 

来院者のみなさまの未来が健康でありますようお手伝いさせて頂きます。

 

グレイスデンタルクリニック 院長 目黒敬一郎